2009年01月04日

獅子舞

正月と言うことで獅子舞を沢山見ることが出来た。
私の町では町内によっては、今でも各家々に獅子舞がやってきて披露するのである。
拙作で昭和三十年代の獅子舞の様子を書いたが、今でも脈々と受け継がれているのだなと思った。
なお私の町内では初詣の神社(小さいですが)の社務所で毎年披露してます。
あと駅前のデパートでも獅子舞が行われていて、物珍しさから多くの人が携帯のカメラで撮影していた。
posted by K.S at 22:20| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月03日

箱根駅伝復路

昨日に引き続き、スタート地点でのテレビ観戦はしました。そして午後からは実際に都内に出て、応援をしてきました。
東京駅近くの沿道で旗を振っていました。おそらくテレビにちらっと出たことでしょう。

上武大学は初出場ながらも21位と初回としてはまずまずの結果でした。棄権もせず襷(たすき)を無事に繋げられただけでもすばらしいことです。
来年も予選会からの挑戦になりますがぜひとも頑張ってください。
posted by K.S at 20:39| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月02日

箱根駅伝往路

以前の日記に書いたが、今年の箱根駅伝は、私の母校である上武大学が初参加と言うことなので、スタート地点からテレビ観戦を行った。
ちなみに出場するほとんどの大学が50回以上参加している古豪ばかりである。その中を勝ち進んで初出場をした事は快挙とも言える。

で、結果はほぼ予想通りの苦戦で往路20位(23校中)であった。
初回はまあこのくらいで良いであろう。回を重ねることによって箱根路の奥深さを知れば良いのだから。
明日は復路である。ぜひとも頑張って欲しい。
posted by K.S at 20:11| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月12日

箱根駅伝初出場

私の母校である群馬県の上武大学が、来年行われる箱根駅伝の予選会で3位に入賞し、悲願の初出場が叶いました。

数年前から学連選抜チームに参加しているが、学校単独となるとかなり狭き門でもあります。特に常連チームが多くひしめき合う中だったので。

ちなみに私は、当時としては珍しい経営情報学部があるということで入学しました。都内にないのでさほど偏差値が高くなかったです。
最近ではスポーツに力を入れて、大学野球でも良い成績を収めています。
来年の箱根駅伝が楽しみであります。
posted by K.S at 20:11| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月07日

もちつき

今日、市内の公園(商店街の中にある)でもちつき行われていた。
少し前までは、年末の歳時記として各所で見られたが、今では餅も工場で作られるようになり、もちつきは一種のイベントになってしまった。
現にこの前の祭りのときも、もちつきが行われていて、隣のテントでつきたての餅を販売していた。
posted by K.S at 20:54| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月03日

酉の市

今日は私の町の神社で酉の市が行われた。
普段はそれほど観光客が多くないところだが、今日に限っては沢山の熊手を売る店が集まっている。
大きい熊手も高価なものを中心に売っているが、庶民用の小さいものが千円で売られていて家ではそれを買っている。
周辺は露店も多数出ていて祭気分を盛り上げている。
posted by K.S at 23:38| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月02日

秩父夜祭

京都明日は埼玉県秩父市で秩父夜祭が行われている。
京都祇園祭・飛騨高山祭とともに日本三大曳山祭の一つに数えられ、国の重要無形民俗文化財に指定されています。300年以上続く長い歴史があり、屋台や傘鉾は絢爛豪華で彫刻も見事で「動く陽明門」とも言われています。
そして祭りのクライマックスには屋台などが一箇所に集まり、花火も打ち上げられます。

私も数年前親と祭に行ったことがあるが、屋台が通る道は通行止めになり、さらに周辺は多くの観光客で一杯になり見学すらも出来なく、花火だけを見て帰ったことがあります。
地元の人や特別に観光ツアーで来た人なら間近で見ることが出来るのだが(ツアー客用に桟敷席が設けられる)、電車などで来た人には夜祭はなかなか見ることが難しいそうです。
しかし夜祭とは言っても昼間にも屋台の引き回しがあり、そちらは猛烈に込まないそうです。
posted by K.S at 23:17| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月25日

私の町は観光地

私の住む埼玉の川越は観光地です。
しかし昭和60年代までは普通の町だった。
NHKの大河ドラマ〔春日局〕の放映がきっかけで一躍観光地化された。
ちなみに市内にある寺は天海僧正が住職を勤めていたことから徳川幕府の庇護が厚かった。その為江戸時代に寺が火災を起こした際も再建時に幕府の指示で江戸城の一部が移築された。その中に徳川家光誕生の部屋や春日局化粧の間があった。
れが故でNHKの大河ドラマの主人公にゆかりの深い場所と言うことで注目が集まり一気に観光客が増えた。

その後日本TV系の火曜サスペンスの舞台にもなった。そして来年のNHK朝の連続ドラマが控えている。
朝の連ドラの舞台になったところはたいてい観光客が増えていると言う。数年前の連ドラの舞台になった愛知県岡崎市も放送がきっかけで観光客が増えたと言う(市役所取材により)
東京に近いので関東を中心に観光客がさらに増えるであろう。なお私も休みの日には町を自転車でぶらついているので、観光客には道案内を行っています。

余談ですが、先日自宅の付近を観光マップを手にした観光客が歩いているのを見かけた。付近には名所が無いのになぜここまできているのかと不思議に思った。
posted by K.S at 21:06| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月19日

天神様の細道

私の町、埼玉県川越市にある三芳野神社は童謡「通りゃんせ」の発祥の地です。

歌詞にある、「天神様の細道」の写真を、交互リンクしている藍川せぴあさんのHPに寄贈しました。
寄贈したページに〔天神様の細道と言うくらいだから山道を想像していた〕と言う内容の記述がありましたのでこの場にて補足説明をしておきます。
この神社は川越城の敷地内にあります。今でも神社のすぐ隣に本丸御殿があります。
そのため一般の参詣者の警備が厳しかったそうです。
従って、歌詞に「御用の無いもの通しゃせぬ」「行きは良い良い帰りは怖い」とあるのです。

また境内に「通りゃんせ」の碑が立っています。同様の碑が東京都八王子市の寺にもあるそうですが、そちらは特に由来が無いそうです。

ちなみに天神様と言うのだからこの神社は菅原道真を祀っています。

余談ですが、横断歩道の歩行者用の音楽にも「通りゃんせ」が使われています。埼玉でも昔は音楽が使われていましたが、今では鳥の鳴き声に変わっています。
posted by K.S at 22:35| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月16日

亀有

東京都葛飾区にある亀有は、今では「こち亀」の舞台として有名である。
先日も両さんの子供時代の頃の銅像がお披露目され、麻生総理大臣も出席してにぎわったそうである。

私も以前亀有に行ったことがあるが、ごく普通の商店街である。コミックの舞台でありながら地味というかこれと言った特徴が無いといった印象であった。
しかし私が行ったのは駅前だけであり、駅から少し離れると東京の下町風情が残っている地域があるという。
なお、両さんたちの勤務地である派出所は公園前には実在せず、駅前にある交番がモデルになっている。交番は私が行ったときは誰も居なく、特に紹介はしていないが、各地からファンが訪れて一種の聖地になっている。

現在では駅前に2種類の〔両さん銅像〕が建っていて、駅前商店街にキャラクターのイラストを使ったパンフレットやのぼりがあるくらいだが、今後はちょっとした展示スペースを設置したり、商店街にキャラクターのモニュメントを設置したりすれば絶好の観光名所になるのだが。
posted by K.S at 19:57| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月09日

「つばさ」ロケ開始

来年春からのNHK連ドラ、「つばさ」は川越が舞台です。
今日、市内中心部でロケが行われていた。
道路を通行止めにしていて、沢山の人が見物に来ていた。

自分の町がドラマの舞台になることは過去にもあったが、今回はNHKであり、市も大々的に宣伝を行っている。
posted by K.S at 17:31| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月03日

紅葉

今日埼玉の長瀞に行ってきた。
紅葉はまだであったが、一部色づき始めていた

埼玉も山間部に行けば見ごろのところもあるがまだまだのところが多い。
今月末に行けばまた変わるであろう。
posted by K.S at 20:10| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月22日

公開オーディション

先日、東京の新宿で舞台公開のイベントと同時に同舞台に出演する出演者のオーディションが行われていた。
前もって募集した候補者が、ステージで3分間での間に自由に自己表現をするもので、脚本家や雑誌編集者などが審査員を務めていた。
なかなか斬新な企画だと思う。公開にすることでいろいろな人が見ている中での審査を受けるのもある意味自分のレベルアップにもつながる。
ちなみに有名俳優女優が出演する舞台で、賞を受賞した小説が原作になっている。

個人的に舞台は嫌いではない、しかし入場料が高いことから実際に劇場に行きはしない。
なお、15年くらい前に小劇団がブームになったときにとある劇団の舞台を見たことがある。
一つは当時放送してたFMラジオ番組の司会を務めていた人のショー的な演劇で、もう一つは社会的なニュースを題材にした本格的演劇で、NHKの舞台番組にも取り上げられたことがある中堅劇団である。出演者の一人が母の友人であったが、劇団解散後は消息が掴めていない。
posted by K.S at 20:47| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月19日

祭り終えて

川越祭りが無事に終わった
今年も2日あわせて100万人以上の人が訪れたと言う。

どこでも同じであろうが、祭りは昼間よりも夜のほうが盛り上がる。私の町も夜になると山車に無数のちょうちんが灯り、祭りは最高潮になる。勿論観光客はとても多く、本当に押し合いになる。
なお四つ角ではケーブルテレビの中継も毎年行われている。さらに別の四つ角では市長をはじめお偉方が揃いの法被姿で山車を出迎えていた。
市長自らが祭りに参加するのは全国的にもそう多くは無いのではないか。
posted by K.S at 22:23| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月18日

祭り初日

川越祭りの初日である
予想通り大勢の人が訪れていた
やはり東京から近いと交通のアクセスが良いので沢山の人が来るのは当然である。

今年の祭りで気になったものというと、各所にゴミ拾いのボランティアの人が沢山いたということである。各地のイベントで見かける、あちこちのゴミ箱がゴミの山の光景も無く見た目にもさわやかだ。
あと、やはりツアー客があちこちで見受けられた。各地の祭りでツアーを募るのは良く見かけるが、私の祭りでも例外ではなかった。勿論地方の旅行パンフレットにしか載っていないため、地元の人はまず見ないからであろう。
posted by K.S at 23:20| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月13日

サツマイモの日

川越は江戸時代の頃からさつまいもで有名な土地です。
川越のさつまいも文化発展のため、市内にある妙善寺の境内に「さつまいも地蔵尊」があります。
毎年10月13日の「さつまいもの日」に、「いも供養」が行われます。
当日はおいもにまつわる話の他、健康祈願おいもの配布や奉納芸能も行われます。
(埼玉県観光案内より抜粋)

と言うわけで今日がそのいも供養の日です。
境内の地蔵脇に沢山のサツマイモやいも製品が奉納されていました。NEC_0190.JPG

なお、なぜ10月13日がサツマイモの日かというと、10月の十に丸を重ねると薩摩(鹿児島)を治めていた島津氏の家紋でありサツマイモの名所にちなんでいるらしいです。また【栗よりうまい13里】のキャッチフレーズにちなんで13日にしたといわれています。
posted by K.S at 21:26| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月11日

新宿コマ劇場閉館

東京の新宿に行ってきた。
歌舞伎町にあるコマ劇場が今年末で閉館になるという。その案内が建物の外壁に張ってあった、

演歌歌手を中心としたステージで一定のファンがいるのはご承知の通りである。昔はNHKの紅白歌合戦の会場にもなったという。
老朽化と娯楽の多様化が閉館の理由だが、料金が高額なことと若い客層を取り込めなかったのも一因としてあるだろう。

閉館後はどうなるのか気になる所である。個人的には取り壊されて雑居ビルになるのだけは避けて欲しい。
posted by K.S at 17:29| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月06日

佐野ラーメン

夏に旅行に行った際には、JRの青春18切符を使った。
期間限定だがJRの各駅停車と快速に5日間乗り放題である。
しかし今回の旅行は4日間であったので一日余った。
期間が過ぎると無駄になるのでその残りに一日を使って夏の終わりに栃木と群馬に小旅行に行ってきた。

以前日記に書いた栃木市と、佐野市を散策した。
といっても観光がメインなのは栃木市で、佐野市は佐野ラーメンを食べに降りたのである。

しょうゆ味のさっぱりとしたラーメンである。駅前にも何件かラーメン屋があり気軽に食べることが出来る。
比較的知名度がありながら佐野でしか食べることが出来ない。
札幌や喜多方ラーメンは埼玉でも食べられるが、佐野ラーメンの専門店はまだ見たことがない。ただ土産用の生めんはサービスエリアでも売られている。
ちなみにしょうゆ味のラーメンで有名な町は結構多い。
旭川・山形・白河・喜多方・佐野・東京・高山・和歌山・尾道 
もしかしたら他にもあるかもしれない。それだけラーメンの味としては定番なのであろう。
posted by K.S at 21:39| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月01日

栃木市

栃木県栃木市は蔵の街であり、小江戸の一つである。
ちなみに小江戸と呼ばれている地域は、川越・栃木・佐原・大多喜・彦根など全国でも数箇所にとどまっている。
全国各地に点在している小京都と比べるとはるかに少ない。

栃木市は地方都市ながら市のメイン通りに蔵造りの建物が立ち並んでいる。
私も以前行ったことがあるが、店蔵のほかに川沿いの蔵などがありなかなか風情がある。
川越と違って観光地として荒れていないのが印象的であった。
おそらく祭りのとき以外は観光客もそんなに多くないであろう。
「日本三大蔵の街」の喜多方・川越・倉敷のように蔵造りの店が密集していないからかもしれない。
posted by K.S at 22:51| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月30日

駅前

旅行で各地に行くが、JRの駅前は地方の町に行けば行くほど寂れていることが多い。
観光地や県庁所在地は別として、そうではない小さい町の駅前はシャッターの下りている商店が多い。
郊外に進出している大型店の影響だと思う。

以前降りた岐阜県のとある駅も一応駅から伸びる商店街があるが、半分くらいの店が閉まっていた。
ちなみに県庁所在地の駅でも降りる口によっては開発されていないところもある。今はどうか分からないが、数年前の千葉駅はバスが発着するほうはビルやデパートがあり賑やかだが、反対側は住宅地と大きい駐輪場だけだった。
posted by K.S at 21:59| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。