2011年11月03日

大阪の歌

先日NHKで「大阪の歌」の特集をしていました。
ご当地ソングの中でも大阪は特に多い。
やはり日本の第二の都市だからであろう。

関西弁=大阪の歌 なら、「トイレの神様」も大阪ソングに入るのであろうか?
posted by K.S at 17:01| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | TV・ラジオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月20日

CM復活

大地震から1ヶ月たち、埼玉では普通の生活に戻っている。
地震直後は、CMの自粛で、ACが連発していたが、今では普通のCMが復活している。
いわば非常事態から戻りつつあると云うことか。

ただ、まだイベントの中止は続いているが。
posted by K.S at 09:20| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | TV・ラジオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月21日

グルメの店

私の町は観光地なので、時折テレビ番組にも登場する。以前はNHKの連ドラの舞台になったが、それ以外でもニュース番組の特集とかで取り上げる事がある、

そういった番組で、グルメのコーナーで店を紹介されることもある。
母がよく行く店は中華料理店で、立地も良いので取材を受ける事が多い。ただ、その中でとあるテレビ局の方が、店の看板だけ撮影してもらいたいとの依頼を受けたとのこと。
ふつうは店内とかを取材するのだが、看板だけとはいったい?
posted by K.S at 10:53| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | TV・ラジオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月23日

地震報道

今日の早朝に地震があった。
埼玉も縦揺れが起きた。
最大震度は5弱との事。

すぐNHKをつけたが、発生直後は普通のニュースをして、数分後、放送しているニュースを止めて地震速報をした。少し遅いような気がした。
あと、寝ぼけて聞いていたからかもしれないが、震度5弱の地域を最初笠間市と言っていたような気がする。
なお、実際は鹿嶋市です。
posted by K.S at 11:42| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | TV・ラジオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月05日

選挙戦

参議院選挙が近い。
NHKでは、連日政見放送を行っている。
私が住んでいるのが関東地方なので、1都6県の選挙区の候補者の文の政見放送を放送してい。そのため、かなりの番組を割いている。

こうなると、1県だけの政見放送で済む地方局のほうが良いと思ってしまう。恐らく地方では普通の番組を放送しているのであろうか。
posted by K.S at 21:18| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | TV・ラジオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月17日

私の街は

観光地なので、時々テレビにも取り上げる。
昨日は、ニュース番組の特集コーナーで取り上げていた。
この手の番組は、もっぱら飲食店などの紹介ではあるが、それはそれで観光客が増える要因の一つになっている。

ちなみに、NHKの連ドラ「つばさ」の効果は今でも残っているらしく、訪れる人は減少していない。
posted by K.S at 21:01| 埼玉 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | TV・ラジオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月12日

円楽さんを偲んで

落語家の三遊亭円楽さんが亡くなられた。
落語が好きな私にとっては、衝撃的なニュースでした。
「笑点」で活躍されていた事は殊に有名だが、本業の落語もキチンと行っていた事は以外と知られていない。
ラジオの追悼番組で、一席演じていたが、分りやすいのが魅力の一つであろう。
もちろん一番の看板であった笑点でも追悼番組を放送していたが、変に湿っぽい物でもなく、メンバーの談話も、名人を偲ぶ気持ちは伝わった。

一つ心残りなのは、円楽さんは都内の寄席の定席に出る事が出来なかった事だ。一門を率いて協会を脱会したのが原因だ。したがって限られた場所しか公演する事が出来なかった。そのため私は生の高座を一回も聴かなかった。
posted by K.S at 20:11| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | TV・ラジオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月01日

防災の日

今日は防災の日と言う事で、ラジオ(特にNHK)ではほとんど一日中防災に関する番組を行っていた。
災害時にはラジオが大切な情報源である。いくらインターネットが発達しても災害時はラジオが役立つ。
ただ、今ではほとんどの人がインターネットに接続できる携帯電話を持っているので、モバイルメディアをうまく活用すればもっと良くなるかもしれないが。
posted by K.S at 19:49| 埼玉 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | TV・ラジオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月29日

ワンセグ携帯にしたけど

家の中ではワンセグが見られない。
これは仕方ない事で、元々屋外でテレビを見るために開発されたらしい。
なお、家の中で見られるように自宅のテレビアンテナ端子に差し込んで携帯のアンテナに接続する器具が売られている、しかし私の携帯はアンテナ内蔵型なので使えない。
posted by K.S at 20:08| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | TV・ラジオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月17日

大河ドラマ

2011年度NHK大河ドラマとして、戦国武将・織田信長の妹・お市の方の三女にして、徳川二代将軍・秀忠の正室、三代将軍・家光の生母「江(ごう)」の生涯を描いた『江〜姫たちの戦国〜』を放送することが17日、同局より発表された。

徳川家光といえば、私の住む埼玉県川越市にある寺(喜多院)に、徳川家光誕生の間が現存する。
寺が火事にあった際に当時の住職である天海僧正が江戸城から移築したもので、江戸城の遺構が残る数少ないものである。
ちなみに同寺には同じく江戸城から移築された春日局化粧の間がある。20年前の大河ドラマでは春日局に縁が深い地と言う事で一躍ブームになり一気に観光地化された。

その大河ドラマも多少なりとも川越が縁の地になる可能性が高い。今年の「つばさ」のように観光客が増える事を望む。
posted by K.S at 20:18| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | TV・ラジオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月31日

鍛冶屋シフォークシンガー

5月30日にNHKラジオ第一「どよう楽市」で、愛知県に住む刃物鍛冶職人の広瀬明史さんが出演していた。
愛知県豊田市足助(あすけ)町にある江戸時代から続く刃物店の六代目で、地元ではフォークシンガーとしても知られています。
実際に歌を拝聴したが、自らの体験やふるさとを題材にしたフォークソングでかなり親しみを覚えた。
もしCD販売していたら実際に買ってみたいとも思った。

ちなみに私の町にもフォークシンガーが居るが、今ではあまり活動をしていないみたいだ。
posted by K.S at 15:12| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | TV・ラジオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月07日

こどもの日

数日前のこどもの日には、結構子供向けの番組があったのが印象的でした。
さすがにテレビはあまりなかったが、ラジオでは子供向けの番組を多く特集していた。
アニメの主題歌や童謡の番組であったが、こういう企画は余り金がかからないし派手ではないもののいいことだと思う。
posted by K.S at 22:04| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | TV・ラジオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月28日

童謡

今日、NHKラジオ【ラジオビタミン】で今の時期にぴったりな童謡を紹介していた。
その中で、「こいのぼり」の歌に2番があるということをはじめて知った。
昭和57年の歌集か教科書に掲載されたと紹介して、実際に歌も聞いてみた。私もはじめて聞いたが特に違和感が無い。
ただ、作詞者が不明である。(1番の作詞者は分かっているが)

昔の文部省唱歌は作曲作詞者を記載しないで教科書に掲載すると言う方針だったことらしいのでいまだに作曲作詞者が分からないものが多いが、比較的新しい曲にも作詞者不詳のものもあるという。
posted by K.S at 18:34| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | TV・ラジオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月06日

アナログ放送

もうすぐアナログ放送が終了し、完全にデジタル放送に移行する。
そのリハーサルとして、アナログ放送を一時的に止めて地域住民への影響などを検証する試みが石川県珠洲市で行われることになった(NHKニュースより)
人口3万人程度の小都市でありながらこのようなリハーサルは非常に有効だと思う。これによって市民がどう動くかは今後同じリハーサルを行うにしてもデータとなるであろう。

これは私の憶測だが、今はアナログ放送の番組は、画面の右上に「アナログ」と表示されているが、だんだん大きくなってアナログ放送が完全終了する平成23年には画面の4分の1くらいの大きさにまで目立ってしまうのではないか?
勿論事実ではないがこうまでして「この放送はアナログですよ」と知らしめるようになっていくのかもしれない。
posted by K.S at 20:36| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | TV・ラジオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月29日

いよいよ明日

私の住む埼玉県川越市が舞台のNHK連続TV小説「つばさ」が明日から放送される。
川越がNHKドラマで注目されるのはなにしろ20年くらい前の「春日局」以来である。
現に昭和時代は、川越はまだまだ観光地としての知名度はそれほどなかった。もちろん蔵の町並みや寺院などはあったが東京から近いということで、それほど観光地として注目することもなく、単に名所が点在する東京のベッドタウンという位置づけ程度であった。
それが市内にある寺に春日局の化粧の間があるということで大河ドラマ放送直後から「春日局ゆかりの地」ということでマスコミ(特にNHK)が注目し、一躍観光地になった。
駅から遠く買い物客を駅前商店街に取られ存続の危機にもあった蔵の町並みが観光地として整備され、電線が地中化され店も整備され、今のような全国的にも類を見ない蔵の商店街として復活した。現に昔は単に蔵造りの店があるだけの商店街だったのだから、今と比べると雲泥の差である。もちろん影には市や商店街の尽力もあったに違いない。
そして日本テレビ系列のサスペンスドラマ(浜木綿子主演)の舞台にもなり、そして今回の「つばさ」につながった。
連ドラの観光効果は計り知れない。今回の放映は正に絶好のチャンスでもある。
関東近県は勿論、日本全国から川越が注目する半年が始まる。
このブログも逐一町の様子を伝える予定です。
posted by K.S at 20:47| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | TV・ラジオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月26日

ラジオ体操

仕事の関係で早出をした。
ラジオをつけるとラジオ体操が流れた。
夏休み中だけではなく、一年中放送されているのだが、どことなく新鮮な感じがした。
確か私が小さいときはNHK第二で放送していた覚えがある(現在はNHK第一・朝のニュース番組の中で放送)

ちなみに私がまえ働いていた会社では危険を伴う現場作業があるため、毎朝始業時にラジオ体操をしていた。
posted by K.S at 20:07| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | TV・ラジオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月09日

演歌歌手

前橋市南町の県立盲学校では、昨年2月に演歌歌手としてデビューした清水博正さん(18)が卒業証書を手にした。今後の芸能活動については、「(卒業したので)学生服は脱ぐことになる。一つの節目、一歩前進したと考え、一人でも多くの方に自分の歌を聞いてもらえるよう頑張っていきたい」と、抱負を語った。(読売新聞・群馬版より)

全盲の演歌歌手・清水さんのことについては少し前から知っていたが、先日NHKラジオの「日曜バラエティー」に出演され、初めて歌声を聴いた。
落ち着いた歌い方で、高音が艶っぽく演歌としての素質があると感じ、個人的に応援している。
「のど自慢」からプロになっただけあって歌唱力も十分あり、今後が大いに期待出来る。10代なので童顔でありビジュアル的にも悪くは無い。
おそらく最初はラジオでの出演が中心になると思うが、個人的にはテレビにも出演し、多くの方、特に高齢者や障害者に希望と勇気を与えるような歌手になって欲しい。
posted by K.S at 20:09| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | TV・ラジオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月11日

主夫

今日のNHKラジオ【ラジオビタミン】内のインタビューコーナーに、漫画家の桜沢エリカさん夫妻が登場していた。
桜沢さんは女性漫画家の中ではベテランで、初期の頃はコミカルなギャグ漫画や競馬の作品を書いていた。いわば流行や世相を反映した作品が多かったが、近年では育児に関する作品もあるという。
私もいくつか作品を読んだことがあるが男性でも楽しめるものもある。

番組では夫(元DJ)との出会いから現在の様子を伺っていた。
タイトルにあるように、出産後は夫が家事をこなり、主夫として妻を支えているとの事であった。
ちなみに番組中に私が感想メールを打ち込み、その感想が番組内で採用され、アナウンサーがお二人のいる中で読まれた。
とてもうれしいことである。
テレビではない、ラジオならではの親近感が感じられた。
posted by K.S at 20:35| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | TV・ラジオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月24日

「ALWAYS 続・三丁目の夕日」

映画館では見なかったので先日TVで放映されていたものを見た。
原作のコミックが好きで、それが故に昭和三十年代が好きになったものである。
前作も見て、当時の様子が忠実に映像で再現されていることに感激した。
今回の作品も最新の技術により昭和34年の東京が表現されていたことは評価に値する。
映画の内容も市井の市民の悲喜が現されており特筆すべき点もある。勿論出演者の演技には言うにも及び無いが。
ただ、えっ集うファンの私からすると一箇所間違っていた点があった。
映画の終盤で超特急「こだま号」が出ていた(当時は新幹線が開通していなかった)
その際の車両はおそらく間違いは無いのだが(映画では8両編成だが実際は12両編成だった)行き先と停車駅が違っていた。
映画では神戸行きで、停車駅は車内アナウンスによると横浜・名古屋・大阪だけであった。しかし実際にはもっと多くの駅に停車している。
おそらく脚本家が当時の時刻表を参考にしなかったかもしれないが。
ただ、私は執筆の資料と時刻表趣味で大正時代から現在まで5年間隔で古い時刻表を十数冊所持しているから分かったことであるが。
posted by K.S at 20:38| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | TV・ラジオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月23日

水ビジネス

今日のNHK「クローズアップ現代」で私としてはかなり興味深い内容を放送していた。
日本の先端技術として、水処理方式を取り上げ、いまや一つのビジネスとして成り立っているとの事。
「膜処理」方式を使って、海水や汚水から膜のフィルターを通すことによって水の成分だけを抽出するのである。この膜は水の分子の大きさの物しか通さないのでどんな液体もほぼ完璧に水を得ることが出来るとの事。それによって海水などから飲み水を作れることによっておきな利益を生み出せる。

このことは私の仕事の内容にも含まれていて、膜を使って工場廃水を浄化する所を建設する予定である。
これを応用すれば下水処理された水も直接飲料水として使えるかもしれない。
posted by K.S at 22:21| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | TV・ラジオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。