2010年07月27日

打ち水

暑さ対策に、打ち水が効果的といわれている。江戸時代から続く風習だが、現在でも時折ニュースになっている。
地面の気化熱を奪うため、気温が下がるのであり、昔の人は、こう言った科学的知識がなくても、経験で実に付いていたのであろうか。

ならば、その水も、水道水ではなく、下水処理水を使ったほうが更に環境に優しいと思うのは私くらいか。
都会なら、下水処理場から処理水を町中に引き入れて、雑用水として再利用することも不可能ではないはずだ。
posted by K.S at 21:52| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 四季・気候 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おれもよく打ち水をしています。下水処理された水を使えばさらにいいと思います。都会になればなるほど下水のにおいがきつい。
Posted by クリーミーモイマー at 2010年07月28日 18:53
コメントありがとうございます。
Posted by K.S at 2010年08月17日 14:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/157634541
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。