2008年07月12日

子供向けの絵本

子供と児童館などに行くので、必然的に絵本を手にすることがよくある。

絵本といっても私が興味があるのは絵事典関係である。
今日は身の回りのもの(食べ物や電化製品など)や乗り物が英語併記されている本を見てきた。

基本的に子供(特に男の子)は乗り物が好きで、これらの本にはパトカーや消防車といった特殊車から新幹線まで多ジャンルにわたっている。
新幹線など電車の類は比較的身近であるし外観がかっこいいので絵本のほかにもビデオやDVDにもなっている。内容も鉄道ファンの大人でも我慢して見られる範囲の内容もある。
その一方で、消防車など以外の特殊車は比較的地味な存在といえる。しかし日常生活には無くてなならない。これらの車まで網羅している絵本はそれほど多くない。
子供向けではないからかもしれないが、バキュームカーや犯人護送車やフォークリフトやゴミ回収車は人気の無い特殊車なのかもしれない。

しかし今日見た子供向け乗り物図鑑には、なんと霊柩車が載っていた。
外観が独特なものだからかもしれないが、霊柩車自体子供向けではないと苦笑した。まあ人間は生まれたからには必ず死ぬのだけど。
posted by K.S at 17:01| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/102720920
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。